読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月を見に行く

18歳の時にバイクの免許を取って、まさかの12年間ペーパーライダー。相棒の赤のCB400SFとエイプくんで年間15,000kmぐらい走ります(≧∇≦)b

バイクが直って帰ってきた!

あまりの寒さにあんまり乗ってないとは言え、いつまでも「明けましておめでとう」も無いだろうと思い始めたのだ。新年早々気合入れてわざわざスマホで更新しておきながら、いきなり事切れたのだね。

さて、、、バイクが修理から帰ってきたのだ!(1/11頃に)

f:id:otsukimidrive:20141231103111j:plain
↑ビフォアー

f:id:otsukimidrive:20150121231938j:plain
↑アフター

(๑˃̵ᴗ˂̵)و ヨシ!

ステップが曲がってたと言っても、写真じゃわかりづらかったけど、並べると良く分かる。いかに地面がボロボロだったか!ステップとか捻れてたからね。。

必要最低限だけ修理して貰うってんで、クラッチレバーは交換しないつもりだったんだけど、バイク屋さんが試乗したら「違和感がある」ってんで交換してくれましたよ。とは言えまだ使えるので、予備としてシートの下に収まっておりまする。

さて、そうこうしてる内に保険の方も決着したのだ。

右側走行して、殆ど自ら突っ込んで行ったわけなんで、自分の非が多いと思ってたんだけど、保険屋さんが「優先道路だし、バイクだし」ということで頑張ってくれちゃってたらしい。

でも、1:9で相手が9悪いと主張していると聞いて目が点になった。で、2:8で合意取れそうと聞いて更に驚愕。

その割合だと差し引き僕がお金を受け取る事になっちゃうんだよ・・・。

もちろん、バイクの修理代の一部なので儲かるワケじゃないし、保険屋さん同士で「妥当」という判断だったら客観的にはそうなるんだろうけど、差し引きで僕がお金を受け取るというのが抵抗ある。まるでアタリ屋みたいじゃないか。

どうせ保険使いませんので、ということで「自分の方の修理は自分で全部出す」というところに落ち着けた。

なんとなーくモヤモヤが残るんだけど、場合によっては逆の立場もあり得るってことだよね。心情的なものと実際の責任割合ってのは一致しないもんなんだね。

なんだかなー。