読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月を見に行く

18歳の時にバイクの免許を取って、まさかの12年間ペーパーライダー。相棒の赤のCB400SFとエイプくんで年間15,000kmぐらい走ります(≧∇≦)b

BBroadイノシシ鍋ツーリング[2/2](2015/12/19-12/20)

主要目的地 旭洋丸水産、龍宮窟、ピクシー
主要道路 伊豆スカイライン、東名
期間 2015/12/20(日) 10:00〜19:00頃
走行距離 252kmくらい
高速区間 箱根口〜池尻
金額 17,000円くらい
天気 晴れ

■BBroadの朝
5時頃ふと目が覚めるとエアコンがガンガンに聞いていて若干喉がガラガラ。

4人部屋の1つのベッドに人がおらず、トイレに行こうと1階へ降りて行くと、空調も切られて極寒の中、テーブルに突っ伏して寝ている御仁が一人Σ(;゚ω゚ノ)ノ

後々聞くと1時位でもまだまだ盛り上がってたそうで、昨日はさぞかし楽しんだんでございましょう。

二度寝の末に7時半ごろ起き出してきて朝風呂。

からの、
f:id:otsukimidrive:20151223094133j:plain
↑朝ごはん(≧ω≦)b

ここはご飯をよそうのはセルフサービスだったので、僕が皆の分をよそっていくよ。

多め、多め、多め、多め、超多め、多め、超多め ( ・ω・)っ≡つ バババ

申告がある人だけ普通盛り。

こういう生卵がある朝ごはんは良いよね!

おかずを白飯で1杯食べて、おかわりで卵かけごはんというのが定番でございますよ(≧∇≦)b

お腹もいっぱいになって外を散策。

f:id:otsukimidrive:20151223095237j:plain
↑寒くなければここで珈琲を頂きたいところ

薪ストーブの煙も上がって、中々に趣きのあるところじゃまいか!

こういう生活って一瞬憧れるんだけど、冷静に考えると多分1ヶ月と持たないと思うんだよねー。

一息ついた所でそろそろ宿を出発。昨日出会ったS660のご夫婦も一緒に5人で伊豆を周ることにするよ。

■旭洋丸水産
f:id:otsukimidrive:20151223095509j:plain
↑みんな大好き干物屋さん

何故ここに来たかというと、
f:id:otsukimidrive:20151223095617j:plain
↑味見で心ゆくまで色々食べさせて貰えるから

サバにサバ骨、アナゴ。。炭火でじっくり焼いて頂くのだ。

噛むと口の中で魚の脂が広がって、バイクじゃなかったらお酒を飲んでるところだよね。お茶まで用意してくれて至れり尽くせりの干物屋さん。

好きなだけ味見させてくれるだけあって、伊豆では何箇所か干物屋さんに行ったことあるけどトップクラスの美味しさ。思わず年末のお土産(?)として実家に沢山送ってしまうのでした。

■龍宮窟
16号から135号へ入る手前で小道にそれて真っ直ぐ走ると龍宮窟へ到着。

f:id:otsukimidrive:20151223100428j:plain
↑階段を降りて行くとそこにはっ・・・!

f:id:otsukimidrive:20151223100616j:plain
↑凄く神秘的な光景が!

f:id:otsukimidrive:20151223100727j:plain
↑ここは見上げると縦穴になっておりまして

f:id:otsukimidrive:20151223100805j:plain
↑上から見下ろすとこんな感じ

穴の周りはぐるっと一周することが出来るんだけど、
f:id:otsukimidrive:20151223100856j:plain
↑外の景色もそれはそれは綺麗なところ

伊豆って何があるのか全然知らなくて積極的に走る事がなかったんだけど、良いところがいっぱいあるんですなぁ。

■ピクシー
135号を北上して少し脇道に入ったところに
f:id:otsukimidrive:20151223100945j:plain
↑オシャレなお店が

さっき食ったばかりという気がしないでもないんだけど、
f:id:otsukimidrive:20151223101217j:plain
↑チキンソテーからの

f:id:otsukimidrive:20151223101248j:plain
↑焼きリンゴティー&チーズケーキ

前日のホットケーキに続いて、こんなに甘いもの食べてるのは何年ぶりだろうというぐらい久しぶり。

■伊豆スカイライン
S660のご夫婦は帰り道が違うのでここでお別れ。特に何か約束をした訳でもないんだけど、なんとなくまた会う機会があるんじゃないかと思うよ。バイクにも乗る人達なので、次はバイクでお会いしたいところ。

で、FZS1000のご夫婦と念願の伊豆スカイライン(≧∇≦)b

なのだが、、足が冷えて途中で猛烈にトイレに行きたくなり、なんだけど料金はご夫婦に立て替えて貰っているのでスカイラインを出る時のチケットはご夫婦の手元に。。つまりは途中で脱出出来ずにご夫婦に付いていくしかないという恐ろしい出来事になりつつあるよ。

『 (; ・`д・´) 』

〜〜30分経過〜〜

『 (;゙゚'ω゚') 』

出口までの距離と走る速度から計算して「うん、イケる」と若干安堵した瞬間、伊豆スカイラインの展望台前でFZS1000の左ウィンカーがチッカチッカ・・・。

『 (;´༎ຶД༎ຶ`) 』

FZS1000の人「折角なので休憩して写真でもどうですか?(≧∇≦)」
と初めて伊豆スカイラインを走る僕に気を利かせて止まってくれた訳なのだが、
「稀に見る緊急事態なので先を急ぎましょう(; ・`д・´)」

という訳で写真が一枚もございまへん。

あの夕陽の赤い光が海に差している光景は中々に素晴らしい光景だったんじゃないかと思ったりする訳なのだが、人間はどんなに良い景色であっても心に余裕が無いと楽しむことが出来ない生き物なのだと肌で感じた出来事でございました。

■家路
伊豆スカイラインから箱根新道を走り、小田原厚木道路から東名で帰るというルート。

FZS1000の人も僕もガソリンがそろそろ怪しく、多分まだ持つだろうという計算の元に海老名SAで給油することにしたんだけど、箱根新道で謎の渋滞にハマり、東名に入る頃には燃料計が点滅し始める状態に。ウソーン!!Σ(;゚ω゚ノ)ノ

まだ大丈夫とは思ってても、点滅は精神衛生上、心への負担が大きい物があったのでした。

東名も厚木からしばらく渋滞していた事もあって、さっきまで食べてた気がしないでもないけど
f:id:otsukimidrive:20151223104351j:plain
↑念の為に夕食を頂くよ╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !

FZS1000のご夫婦と暫しご歓談の後で解散することに。

お疲れ様でした(๑˃̵ᴗ˂̵)و

■ルート

(トータル走行距離:20,115kmぐらい)※祝20,000km超え