読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月を見に行く

18歳の時にバイクの免許を取って、まさかの12年間ペーパーライダー。相棒の赤のCB400SFとエイプくんで年間15,000kmぐらい走ります(≧∇≦)b

九州ソロツーリング[02/07](2016/02/06-02/14)

主要目的地 九四フェリー乗り場、別府ステーションホテル
主要道路 徳島自動車道、松山自動車道
期間 2016/02/07(日) 13:30〜21:00頃
走行距離 325kmくらい
高速区間 徳島〜伊予
金額 14,000円くらい
天気 晴れ

朝が来たよー‹‹\(´ω` )/›› ‹‹\(  ´)/›› ‹‹\( ´ω`)/››

夜はすることも無くなったので早々に就寝し、21時に寝たら3時に目が覚め、二度寝したら結局朝9時までグッスリ寝ているという怠惰っぷり。

早起きしてもすることが無いので寝てるのが最善なんだけど、9時に起きても津田港到着まで4時間半もあるのだね。まだまだ怠惰な事をしようじゃまいか。

さて、本日の晴れ男パワーを確認するために甲板へ。

f:id:otsukimidrive:20160215082849j:plain
↑今日も調子いいのだ( -`ω´- )ウム

f:id:otsukimidrive:20160215083004j:plain
↑長い船旅にも飽きてきた時に気分を一新してくれる貴重な瞬間

f:id:otsukimidrive:20160215083103j:plain
↑右手に見えまするは紀伊半島でござい

「いつの間にか遠いところまで来たもんだなー」とか感動する瞬間でもあるんだけど、ここから数時間、いつまでたっても右手に紀伊半島なので、どうにも進んでる実感がわかない原因にもなる紀伊半島なのでありました。

f:id:otsukimidrive:20160215083418j:plain
↑腹ごしらえに蕎麦など頂こうと思うよ

そして、、、

f:id:otsukimidrive:20160215083452j:plain
↑津田港へ到着‹‹\(´ω` )/››

愛する地元で、実家は目と鼻の先なのだが、ここは黙ってバイバイおば。

出来たら今日中に別府へ到着したいなー、でも松山辺りが妥当かなーとか思ってるところに、実家に寄るという選択肢はなかったのでした。帰りにみやげ話を持って寄ろうと思うよ。

徳島ICから高速に入って徳島自動車道へ。

流石に高速道路が日中に凍結しているような事は無いと思うんだけど、山間を走るようなところもあるから一時は空から白いものがチラチラ。

さむい、どうしよう( ̄▽ ̄)

f:id:otsukimidrive:20160215083519j:plain
↑とりあえずサービスエリアに避難しつつ

f:id:otsukimidrive:20160215085813j:plain
↑七味たっぷりの肉うどんを嗜む

そして出発という時、2時間後の自分に「田舎のスタンドの少なさを舐めんな!」と言われた気がして相棒の補給。

時刻は午後の3時半。できれば別府まで一気に行ってしまいたいものの、実は半年前に四国の東西南北の先端の内、1つだけ食あたりで行けなかった佐田岬に寄ってみたいという思いもあったのだ。

三崎からのフェリー自体は遅くまであるので大丈夫なんだけど、佐田岬に日没までに着けそうに無い。暗闇の中先っちょに辿り着いても微妙だよね。

伊予で一泊するかと悩んだ末、「うん、帰りに寄ろう」と脳内会議で決定されたのでありました。

バイバイ佐田岬。2度もここまで来て寄れないなんて。

そうと決まれば別府へ向かって走るよ。伊予ICで降りて夕やけこやけラインを走るのだ。

f:id:otsukimidrive:20160215090419j:plain
↑夕やけこやけラインから夕焼けを嗜む

中々の快走道で景色も中々。思いの外楽しめたのでありました。

f:id:otsukimidrive:20160215090716j:plain
↑フェリー乗り場に到着(≧∇≦)b

予想通り、このまま先っちょへ行っても間に合わなかったね。

f:id:otsukimidrive:20160215090854j:plain
↑僕と相棒を乗せる船がやって来たよ

f:id:otsukimidrive:20160215090944j:plain
↑チケットを貰ってテンションが上がってくる

フェリーへの乗船を待ってる間、隣に並んでいたエストレア乘りの学生さんらしき人が、凄く寒そうにしながらも愛車を熱心に磨いてて、僕も相棒を早く洗車してあげたいと思うのでした。

f:id:otsukimidrive:20160215091051j:plain
↑一番乘り(≧∇≦)b

バイクに乗ってて嬉しいのは、フェリーに乗る時に一番に入れる事。

大部屋の場所取りするなら凄く有利なのだよ╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !

1時間ほどの船旅の後ですっかり暗くなった佐賀関港へ到着。ここから別府までは下道をひた走る事になるのだ。

ところで、僕がバイクで走っていて好きな夜景No2が佐賀関から別府へ向かって、別府の街が見えてくる光景。それまでずっと暗闇だったのが、目の前に広がる一面の明かり。例えるならば、そう、文明に触れた猿。うん、なんか違う気もするけど、なんせ思わず嬉しくなる光景なのだ(≧∇≦)b。走っている途中なので写真を撮れないのが悔やまれるよね。

f:id:otsukimidrive:20160215092130j:plain
↑今日は駅前のホテルに泊まるよ!

バイクなのだから中心地に宿を取るメリットは少なくて、逆にバイクの駐車場に難儀するという事にまだ気づいてなかったのでありました。

f:id:otsukimidrive:20160215092443j:plain
↑まるで独房のような部屋

まあ、安いから相応ではあるんだけどね。。でも、流石別府、ホテルに付いてる温泉は良かったのだ‹‹\(´ω` )/››

ヽ(゚ー゚*ヽ)ン?

脱衣所に貼ってある温泉の検査の紙を見ると、「平成19年」と書いてあって今年何年だったか悩み、隣に「平成26年」のが貼ってあって一瞬安心するも、「2F」の文字に困惑。ここは「3F」だったよーな(゜ロ゜)。

フロアが変わったら別の風呂じゃん(/´Д`)/イヤァ~。

とか思ってたら、3Fから風呂場に入るんだけど、脱衣所から1フロア降りて浴場へ入るので、2Fであってたのでありました。
※検査は10年に1度行うように義務付けられているそうですよ

さて、お腹空いたのでご飯食べに行くよ。何も調べてないので別府って何が名物なのかよく分からず、でもきっと温泉卵ぐらいしかないよね(失礼)。

という訳で、
f:id:otsukimidrive:20160215092613j:plain
↑近くの屋台ラーメンを頂き

f:id:otsukimidrive:20160215092634j:plain
↑デザートのやきめし

f:id:otsukimidrive:20160215092750j:plain
↑宿に帰ってカルパスをお供に一杯やるのでした

さーて、明日からは本格的にツーリングですよ(≧∇≦)b

■ルート

(トータル走行距離:21,705kmぐらい)