読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月を見に行く

18歳の時にバイクの免許を取って、まさかの12年間ペーパーライダー。相棒の赤のCB400SFとエイプくんで年間15,000kmぐらい走ります(≧∇≦)b

九州ソロツーリング[04/07](2016/02/06-02/14)

主要目的地 崎津天主堂、おっぱい岩、山田屋、多乃吉
主要道路 南九州自動車道
期間 2016/02/09(火) 08:30〜19:30頃
走行距離 223kmくらい
高速区間 田上〜松元、松元〜薩摩川内水引
金額 14,500円くらい
天気 晴れ

おはよー相棒!(๑˃̵ᴗ˂̵)و

今日も元気に走っていこうじゃまいk・・・ (゜ロ゜)

f:id:otsukimidrive:20160220134516j:plain
↑なんか降ってるなう

晴れ予報&晴れ男を前に良い度胸じゃまいかლ(ಠ_ಠ ლ)

とか思いながら前日教えてもらった仙巌園へ桜島を見に走っていると、いつの間にか雲一つない快晴に。

日頃の行いが良いからだね╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !

間もなく仙巌園に到着し、100円払って駐車場へ。

なのだが、、、
f:id:otsukimidrive:20160220134900j:plain
↑ガスって桜島が見えないよ

日頃の行い…(;゚□゚)

駐車場におじさんが居たのでちょいと聞いてみる。

「桜島見えないですね・・・(´・ω・`)」
おじさん「午前中は朝霧でこんな感じなんですよ。午後には晴れる筈です(`・ω・´)」

今日は長崎まで行こうと思っているので、午後までここにいたらとてもゴールに辿りつけないよね。

晴れ男でも山が見えない事もあるんだと一つ勉強になったのだ。でも、噴煙が原因なら記念になるというものだけど、「雲やら朝霧で微妙に見えなかったです」とか中途半端過ぎて無念だよね。

リアクションに困るので、メッチャ凄いかメッチャ酷いかのどちらかにしてくださいませ。

気を取り直して出発するよ!

陸路で熊本へ走って行くと隣接しているのはSaga県。九州制覇を達成するには長崎県へも寄る必要があるんだけど、熊本→Saga→長崎→Sagaというルートになってちょっと大変。

というワケで、鹿児島からフェリーで天草(熊本)へ渡って、更にフェリーで長崎入りするルートにしようと思うよ(≧∇≦)b

そうと決まれば田上ICから南九州自動車道へ。

なのだが、残念なことにガソリンの残量が心許ないのにガソリンスタンドが見つからないまま田上ICに到着してしまったのだ・・・∑(゚□゚;)

いや、実は仙巌園からICまでの間に幾つか発見したんだけど、全て右車線だったり、右折した先にあったのだ。面倒なので出来たら左車線のガソリンスタンドに寄りたいところだよね。

んで、結局給油しないままいつのまにやら田上IC入り。この先ガソリンスタンドが都合よく現れるとも思えず、松元ICで降りてガソリンスタンドを探すことに。楽しようとした結果、余計に手間が掛かるという教訓だね、これは(´・ω・`)ショボーン

しかもETC使えず、準備もしてないものだから財布引っ張りだして小銭探して…とかやってると後続の車がどんどん近づいてくる(;゙゚'ω゚')

松元IC出る時に150円、伊集院の料金所で100円。それ以降はETCになったんだけど、また現金を要求されるのかと思ってドキドキだったのだ。

料金所こわい。

南九州自動車道はまだまだ発展途上のようで、いつのまにやら一般道へ。

九州の高速道路は割と景色も良いので悪くないのだけど、一般道を走ってるとツーリングっぽくなってくるよね(≧∇≦)b

海沿いの3号線をひた走り、阿久根市へ。

九州は海も山も楽しめる道が楽しいんだけど、阿久根は海岸の迫力が凄いところだったのだ。

f:id:otsukimidrive:20160220145010j:plain
↑道の駅 あくね

f:id:otsukimidrive:20160220142724j:plain
↑ざっぱーーーーん(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ

良いね良いね!青い海に青い空!最高だね(≧ω≦)b

f:id:otsukimidrive:20160220145137j:plain
↑それからも海岸の景色には恵まれ続き

九州一周の中でこの辺りの海岸が一番楽しかった気がするよ。

ところで、阿久根市を走っていると、ちょいちょい
「阿久根、華の50歳組」
というPR看板を見つけてしまい、阿久根の行く末を案じずには居られない。

10年後は華の60歳組とか書いてないかと考えている内に
f:id:otsukimidrive:20160220145643j:plain
↑フェリー乗り場に到着

f:id:otsukimidrive:20160220145735j:plain
↑天草まで船旅を楽しもうじゃまいか(≧∇≦)b

f:id:otsukimidrive:20160220145829j:plain
↑バイバイ阿久根市

f:id:otsukimidrive:20160220150016j:plain
↑船内を散歩

f:id:otsukimidrive:20160220150244j:plain
↑向こうはもう熊本なのだ

到着する港は天草の南側。長崎行きのフェリー乗り場は北側なので、丁度天草を半周する事になるよ。

天草と言えば天草四郎、キリシタン!

f:id:otsukimidrive:20160220150341j:plain
↑のんびりした風景を楽しみつつ

f:id:otsukimidrive:20160220150656j:plain
↑崎津天主堂へ(≧∇≦)b

かつて踏み絵が行われていた場所に建てられた教会とかで、中に入ると畳が敷かれているという面白いところ。

残念ながら中は撮影禁止なのでガワだけ撮影するよ。

こういうところは歴史に詳しいと凄く面白いんだろうなーと思うんだけど、
f:id:otsukimidrive:20160220151746j:plain
↑こういう街並みは無教養の僕でも面白いと思う

閑話休題

天草の一番の見所はどこかご存知だろうか。

それは、

f:id:otsukimidrive:20160220151928j:plain
おっぱい岩

天草島の北部。干潮じゃないと見えないその岩は天草の観光地ランキング上位。そして、苓北町観光協会のお墨付き!

干潮の時間を調べるとPM2:40。OK、時間調整バッチリだっ!

ツーリングマップルに「干潮時に出現 見事!」とだけ書かれた文字だけ頼りに324号線をひた走ると、
「おっぱい岩↑(あっち)」
という看板が3kmも手前から掲げられていて、天草の民がおっぱい岩にかける並々ならぬ情熱を感じ取ったのでありました。

f:id:otsukimidrive:20160220152719j:plain
↑潮の引いた跡にそれは出現する

f:id:otsukimidrive:20160220152750j:plain
↑すごく、、、おっぱいです

観光協会の看板によると、「一億年の大地の記録 おっぱい岩」と書いてあって、これはもう洒落や冗談で語って良いものでは無いと思うのだ。

近くには岩が沢山転がっていて、少おっぱいなるものもあるらしいのだが、おっぱいだと思って見てれば大体おっぱいに見えてしまうので、、、というかそろそろ日も傾いてきて、いい加減こんなことをしている場合では無いと気づき断念。

おっぱい岩から少し走り、
f:id:otsukimidrive:20160220153556j:plain
↑フェリー乗り場に到着(≧∇≦)b

f:id:otsukimidrive:20160220153645j:plain
↑流石、30分の船旅とは言え良心的な価格

f:id:otsukimidrive:20160220153950j:plain
↑もう随分船旅も慣れたのだ

バイバイ、熊本!そして長崎へ!‹‹\(´ω` )/››

ん?

f:id:otsukimidrive:20160220154044j:plain
↑まさかのロープ無しだったのだ( ̄□ ̄;)

f:id:otsukimidrive:20160220154311j:plain
↑なかなか気持ちの良い海岸沿いの道を走って

f:id:otsukimidrive:20160220154357j:plain
↑雲仙の宿 山田屋へ

相棒も軒先に停めさせて貰えたのでありました。

f:id:otsukimidrive:20160220154429j:plain
↑部屋でくつろぎつつ

f:id:otsukimidrive:20160220154450j:plain
↑優雅にお茶など嗜もうと思うよ

宿のおばちゃんに聞いたんだけど、宿の目の前に日本一長い足湯があるということで、

f:id:otsukimidrive:20160220154532j:plain
↑タオルを持って参上(≧∇≦)b

f:id:otsukimidrive:20160220154804j:plain
↑雲仙も火山帯だよなーと思いつつ湯に浸かり

f:id:otsukimidrive:20160220154850j:plain
↑見事な夕陽を楽しむのでした

その後は5階の露天風呂へ。建物の屋上ということもあって風が凄く、景色は良いんだけどメチャクチャ寒いのでありました。あと、外から丸見え(≧ω≦)

心配な人は暗くなってからがオススメですよ!

夕飯は居酒屋で頂こうと思うよ!

f:id:otsukimidrive:20160220155102j:plain
↑多乃吉というお店を発見

f:id:otsukimidrive:20160220155203j:plain
↑焼酎お湯割りを頂きつつ

f:id:otsukimidrive:20160220155224j:plain
↑刺し身!

f:id:otsukimidrive:20160220155243j:plain
↑濃厚な白子ポン酢!

f:id:otsukimidrive:20160220155314j:plain
↑これはもう日本酒も頂きたいよね!

f:id:otsukimidrive:20160220155335j:plain
↑焼き牡蠣など嗜みつつ

f:id:otsukimidrive:20160220155354j:plain
↑焼きおにぎり茶漬けで〆る

お店の人はちょっと無口なおじさんと、元気なお婆さんが居て、飲んでる間の話し相手になって貰う。魚に力を入れているそうで、刺し身やら牡蠣やら大変おいしゅうございました!

2日連続して楽しい夕食だったのだ(≧ω≦)b

朝昼共に何も食べてないけどな ( ̄▽ ̄)

f:id:otsukimidrive:20160220155935j:plain
↑腹ごなしに散歩などしつつ

明日は何処に行こうかと考えるのでありました。

■ルート

(トータル走行距離:22,358kmぐらい)