読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月を見に行く

18歳の時にバイクの免許を取って、まさかの12年間ペーパーライダー。相棒の赤のCB400SFとエイプくんで年間15,000kmぐらい走ります(≧∇≦)b

北海道一周ソロツーリング[06/10](2016/07/16-25)

主要目的地 納沙布岬、霧多布岬、フンベの滝、襟裳岬
主要道路 国道44号、国道336号
期間 2016/07/21(木) 6:30〜21:00頃
走行距離 531kmくらい
高速区間 なし
金額 8,700円くらい
天気 晴れ

朝ですよー!

晴れ男印の見事な、
f:id:otsukimidrive:20160802212403j:plain
↑晴れっ!‹‹\(´ω` )/››

やっぱりツーリングはこうじゃないとね!

f:id:otsukimidrive:20160802212550j:plain
↑ウミネコも心なしか見送ってくれているようだよ

ヤバいぐらいの数で。

■納沙布岬
さてさて、昨日と一昨日はVストロームの人がオススメのスポットを色々教えてくれたので存分に立ち寄ってみたんだけど、今日は僕一人。

となればもはや糸の切れた凧。

ひたすら1日沿岸沿いを走り続けたのでありました。

そんな僕にも一応目標らしきものはあり、
f:id:otsukimidrive:20160802213036j:plain
↑いざ日本最東端の地へ行かん(๑˃̵ᴗ˂̵)و

根室の市街地を越え、あまりの寒さに頻尿を我慢しつつひた走り、やってきました北海道最東端にして日本の最東端。

f:id:otsukimidrive:20160802213621j:plain
↑その名は納沙布岬(≧∇≦)b

僕が到着した時にはチャリダーの軍団が碑の前に並んで写真撮影中。

待ってる間にCBRの人がやってきたので話をしてたんだけど、名古屋からやって来てキャンプで周っているとか。

僕が持ってるのと同じMotoFizzの59Lシートバッグに加え、良くある所謂”ホムセン箱”の2段構え。

CBRに乗りたいけど積載能力で悩んでいる人に朗報ですよ!

CBRは積める!щ(゚д゚щ)

それにしても、北海道至る所で出会うバイク乗りだけど、聞けばみんな同じタイミングでフェリーで北海道入りしてるんだよね。そして1週間して同じタイミングで帰るという。

セミだな・・・。

この広い北海道で何度となくすれ違うバイク乗り達だけど、みんな同じタイミングのフェリーから出発して散らばった人達だと思えば、意外と狭いなあとシミジミ感じるのでした。

閑話休題

若干気になってたんだけど、碑はここにあってみんな群がって写真撮ってるけど、
f:id:otsukimidrive:20160802215008j:plain
↑先っちょはあっちなんじゃ・・・

CBRの人に別れを言いつつ、先っちょへ。

写ってないけど、
f:id:otsukimidrive:20160802215030j:plain
↑この場所からは北方四島の一つ、歯舞諸島がハッキリ見える

生きてる間に行ってみたいもんだねえ。。

■霧多布岬
根室半島をぐるっと反時計回りに1周。

天気が良いというのもあるんだろうけど、
f:id:otsukimidrive:20160802215552j:plain
↑根室半島の景色はどこも気持ちいい

沿岸の快走道を抜けた先見えてくるのは、
f:id:otsukimidrive:20160802215734j:plain
↑霧多布岬(≧∇≦)b

何かのロケ地っぽく、よく聞く名前だったので寄ってみたというところだったんだけど、個人的な感想としては特別何か感慨の湧くところじゃなかったかな。。

なんか見逃してるんだろうか。。

■寿司ひらの
とりあえずの岬めぐりは終わったし、
f:id:otsukimidrive:20160802220203j:plain
↑ツーリングマップルに載ってる寿司屋へ入って

f:id:otsukimidrive:20160802220246j:plain
↑本ツーリング何度目かのウニ丼を食そうね(≧∇≦)b

本当はマップルに載ってた「いぶりさんま丼」なるものが目当てだったんだけど、時期じゃないからかメニューになく、しゃーなしのウニ丼。

まあ、美味しそうだったからね。まあ、良いよね。北海道だし。

というワケで、とりあえず道東で行きたいところは一通り周っちゃったんだよね。。

行きたいところが無いわけじゃないけど、これ以上は準備が無いからね。

さて、どうしよう。

一つの案としては道央に行って美瑛とか旭川の辺りを周ってみる。これだと、みんなに勧められた美瑛が見えるし、海鮮以外の美味しいものが食べれそうだよね。ついでにホクレンのフラッグも全色揃う。

だけど、行きたいところは美瑛ぐらいしか調べて無いし、その後道南へ行くのも時間的にキツそうだからちょっと中途半端な旅になりそう。北海道最南端と最西端に行くのも難しそうだよね。

もう一つの案は、やっぱり思い切って今から北海道1周をやってみる。これだと美瑛には行けないし、ホクレンフラッグも揃わないけど、元々調べてた道南を幾つか周れそう。北海道1周というミーハーツーリングも達成出来るし、最南端と最西端へ行ける。

甲乙付けがたいので暫く悩んでたんだけど、ふと、
「7日間で北海道1周はキツイですよ」
襟裳岬は何もない。一応全部周る為に2回目に行くところ」
と何人かに言われたのを思い出すのでした。

僕は天邪鬼だからね。これだけ「何も無いよ」と言われると行ってみたくなるというもの。

OK。これから襟裳岬で本当に何もないか確認して、最南端と最西端行きつつ北海道1周してやろうじゃないの(∩`ω´)⊃)) しゅっしゅっ

■釧路〜黄金道路
知床は羅臼のあたりからずっと沿岸沿いに続いていた昆布漁の光景。

それは函館ぐらいまで太平洋沿岸はずーっと続くんだけど、国道336号辺りは一転、緑広がる真っ直ぐな快走道が伸びる。

f:id:otsukimidrive:20160802222837j:plain
↑一直線の道路に

f:id:otsukimidrive:20160802222857j:plain
↑一面の緑と青い空

何もない事を確かめに行ったはずなんだけど、予定と違うぞ、っと。

f:id:otsukimidrive:20160802223049j:plain
↑まあ、ある意味何もない道かも知れないけどね

えりも町の右側面の道は”晴れてれば”だけど個人的に凄く気持ちの良い道だと思うのでした。

f:id:otsukimidrive:20160802222945j:plain
↑地下水が湧き出るという珍しいフンベの滝を通り

黄金を敷き詰められる程お金が掛かったという話で有名な黄金道路へ。

で、前を行く車について行ったのだが・・・、
f:id:otsukimidrive:20160802223742j:plain
↑あれ?一般車両進入禁止って書いてるような。。。

止まって悩んでいると、旗振ってるオッチャンが「通れ通れ」のジェスチャー。

良いの?ほんとに?

どう見ても「やっぱり進入禁止が正解だよなー」と思いつつ、工事の現場を横目に本来の道に合流するのでした。

■百人浜オートキャンプ場
国道336号から34号へ入り、いよいよ襟裳岬が近づいて来ましたよ(≧∇≦)b

良い天気なのですぐにでも岬に行きたいところだけど、キャンプ設営は早めにやっておきたいし、おビールの買い出しにガソリンの給油、ご飯を食べて風呂に入るという盛りだくさんな予定があるのだね。

急がねば。

・・・ん? ( ̄д ̄) ?

f:id:otsukimidrive:20160802224247j:plain
↑(ヽ゜ロ゜)ヒイィィィ

熊、3kmってどういうことなの??

もしやこの辺熊の生息地なのでは??

確かにこの辺は木が生い茂ってるのだね。。。

どうしよう。この辺りのキャンプ場に泊まろうと思ってたんだけど、マズイんじゃ・・・。(・_・;)

・・・

f:id:otsukimidrive:20160802224932j:plain
↑あ、ウマになった・・・。

どういうことなんだぜ?

疑問は色々あれど、とりあえず
f:id:otsukimidrive:20160802225032j:plain
↑百人浜オートキャンプ場へ到着!

「ここ、熊とか出ます?? (; ・`д・´)…ゴクリ」
管理人さん「出たことはないですねぇ(´・ω・`)」
「あの熊の看板は・・・? (; ・`д・´)…ゴクリ」
管理人さん「あー、距離を確認する看板ですね。北海道らしさを感じてもらう為にそれっぽい絵を選んでるんですよ(´・ω・`)」

そーですか。北海道らしさですか。。観光用にね。。それはそれは。

紛らわしいわーーー!!щ(゚д゚щ)

ともあれ、安心したところで1泊310円を払って、
f:id:otsukimidrive:20160802225553j:plain
↑ここをキャンプ地とする( ー`дー´)キリッ

■襟裳岬
突然だけど、襟裳岬ってセサミストリートっぽくてかわいいよね。

うん。

f:id:otsukimidrive:20160802225758j:plain
↑という訳で到着

f:id:otsukimidrive:20160802225821j:plain
↑そして先っちょへ(≧∇≦)b

それにしても、この日は本当に良い天気で、
f:id:otsukimidrive:20160802225849j:plain
↑岬からの景色もこの通り

この景色、今までの岬の中で一番良いんじゃないかい?

会う人会う人、襟裳岬は真っ白だったと言ってたんで、結構恵まれてるんだろうか。

折角なので岬の先端まで散歩してみると、
f:id:otsukimidrive:20160802230157j:plain
↑どうだいこの景色(≧∇≦)b

それに、振り返ると
f:id:otsukimidrive:20160802230245j:plain
↑夕陽がこんなに綺麗ですよ!

襟裳には何もないって何度も言われたけど、こんなに良い場所じゃないか。

■キャンプ場へ
ところで、キャンプ場は午後7:30に門が閉まるのでそれまでに帰らないといけない。

のだが、まだご飯も食べてなくて、風呂も入ってない。そしてビールも買って無ければ給油もまだ。

これは、優先順位を付ける必要がありそうだよね。

早朝に出発するなら給油は第一優先事項。早朝からやってるガソリンスタンドは少ないので、早朝に出発してガス欠になろうものなら数時間待たされる事になるよね。

1日の終りに入れておくのが無難。

次はビールというかコンビニ。風呂はキャンプ場付近に「高齢者センター」なる施設があるそうだし、コンビニでご飯買えば良いよね。

という訳で、襟裳岬を越えて20kmぐらい走った先のガソリンスタンドとセイコーマートへ。

ありがたや。

■高齢者センター
f:id:otsukimidrive:20160802230839j:plain
↑でんっ!

僕はまだ若いですが、高齢者センターへ。

まあ、普通のお風呂なんだけど、ゆっくり浸かれるお湯はありがたいよね。

3人ぐらいのオジイチャンが先客でおりまして、北海道と言えど現地のおじいちゃんズの会話は中々に聞き取れない。

その内の1人と仲良くなって暫く会話してたところ、黄金道路の入口辺りで旗振ってたそうな。。もしや、、あの人?(・・;)

■キャンプ場
さーて、辺りも暗くなってきたところで宴といこうね。
f:id:otsukimidrive:20160802231307j:plain
↑ビールと恒例のサラミ

風呂上がりに嬉しいビールをクッといきつつ、サラミを嗜む幸せの一時。

ほいで、夕食はなんと
f:id:otsukimidrive:20160802231242j:plain
↑カップヌードルとおにぎりだっ!

ただのカップヌードルじゃなくて、セイコーマートのカップヌードルだからね。れっきとした北海道の食べ物なのだよ。

f:id:otsukimidrive:20160802231458j:plain
↑持ってて良かったアルコールバーナー

困ったときのセイコーマート。困ったときのカップヌードル。

ところで、一人で宴をしていると、同じキャンプ場に泊まってる定年過ぎたおじいちゃん達が続々と声を掛けてくるという事案が。

一人はベンリィのオジイチャン。何と40年ぶりにリターンして、この3月から乗り始めたというに7月の時点でまさかの1万2,000km。Σ( ̄ロ ̄lll)

ちゃんと下道走ってるんでしょうね??

オジイチャン「いやー、定年後は楽しいよーーーヽ( ´ ∇ ` )ノ」

とか、あんまり楽しい楽しい言うもんで、
「そうですか!気をつけて楽しんでくださいね!ヾ(・ω・`o)」
オジイチャン「たーのしいよーーーーヽ( ´ ∇ ` )ノ」

あんた、酔っとんのかい( ̄ー ̄)

丁度ベンリィのオジイチャンと入れ替わりでチャリダーのオジイチャンがやって来て話がまるで終わらない・・・。

頼むから寝かせてくれーーー(´;ω;`)ウッ…

■ルート

(トータル走行距離:30,664kmぐらい)