読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月を見に行く

18歳の時にバイクの免許を取って、まさかの12年間ペーパーライダー。相棒の赤のCB400SFとエイプくんで年間15,000kmぐらい走ります(≧∇≦)b

九州ソロツーリング[05/10](2017/01/27-02/05)

主要目的地 関之尾の滝、飫肥城、鵜戸神宮、大御神宮、馬ヶ背
主要道路 国道222号線、国道220号線
期間 2017/01/31(火) 7:30〜20:00頃
走行距離 242kmくらい
高速区間 なし
金額 9,800円くらい
天気 晴れ

おはよがす!(おはようLv100)

ところで見ておくれ。
f:id:otsukimidrive:20170209205159j:plain
↑この雲一つない光景を!

まさにツーリング日よりというもの(๑˃̵ᴗ˂̵)و

一方で天気予報を見て気になってるんだけど、
f:id:otsukimidrive:20170209205225j:plain
↑前日比マイナス13℃ってなんだい?

どうやら今日は相当寒いそうですよ!気合い入れて行きましょー!(≧∇≦)b

関之尾の滝

本日一つ目の目的地は都城の北西にある関之尾の滝。

宮崎県が誇る、日本滝100選の一つだそうで、これは期待出来るというもの。

f:id:otsukimidrive:20170209205307j:plain
↑(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」オオオオオッッッ

迫力だけじゃなくて、どことなく風情がある気がするよね。

僕自身、そんなに滝を見てきたワケじゃないけど、今まで見た滝の中で1位争いが出来るくらいに好きな滝かもしれないよね。

快晴の日の出直後のこの光景。めっちゃ当たりですよ!(≧∇≦)b

ちなみに、滝の上流に向かって歩いていくと、
f:id:otsukimidrive:20170209205421j:plain
↑これまた珍しい甌穴群

f:id:otsukimidrive:20170209205432j:plain
↑その辺を少し散策しつつ

余韻に浸る。ε-(´∀`; )

飫肥城下町

山越えルートをひた走り、一路日南方面へ。

国道222号線は中々に快走道でしてね。下道でちょっとした距離を走るので時間的な心配もあったんだけど、余裕で気持ちの良いツーリングになったのでした。

f:id:otsukimidrive:20170209205613j:plain
↑目的地は飫肥城のチケット販売所!

ここは城跡の見学だけじゃなくて、城下町での食べ歩きが堪能出来るというウワサ。

(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ

これはテンションがあがってくるというもの。

入場料だけの600円券と、食べ歩き券5枚付き1,100円券があるんだけど、折角なので食べ歩き券が付いた方にしましょうね。

名物の厚焼き卵と飫肥天が楽しみなのだ!(๑˃̵ᴗ˂̵)و

まずは見学から参りましょう。旧藩主の屋敷から!

f:id:otsukimidrive:20170209205758j:plain
↑屋敷へと続く道を歩くと

f:id:otsukimidrive:20170209210117j:plain
↑枯山水式の庭園だそうで

f:id:otsukimidrive:20170209210129j:plain
↑奥に続く道を歩くとそこには!

f:id:otsukimidrive:20170209210144j:plain
↑理想の縁側がっ!!

煎餅食べながら猫撫てお茶とか飲みたい(*´ω`*)

それにしても、
f:id:otsukimidrive:20170209210246j:plain
↑蛍光灯??

そんな昔からあったんですね(にっこり

続いて、
f:id:otsukimidrive:20170209210306j:plain
↑大手門を越えた先には

f:id:otsukimidrive:20170209210315j:plain
↑堂々の武家屋敷

因みに、この武家屋敷、
f:id:otsukimidrive:20170209210325j:plain
↑復元でも再現でもないそうで

「この時代にあったのならこうだろう」的な完全予想の下作られたという空想のお屋敷。発掘調査すらしていないという、いっそ清々しい説明書きまであるんだけど、まあ、お陰で建物の中を歩き回る事が出来ますよ!

城下町

この後歴史館とか回ってみたものの、やや飽きてきましてね。

f:id:otsukimidrive:20170209210338j:plain
↑おなかも空いたし城下町に繰りだそうね

食べ歩きチケット付きなので、引換券が手元に5枚。42のお店から好きなところを5つ選べるというワケですよ!

朝ご飯もまだ食べてないし、これは贅沢の限りを尽くせるよね!(ノ≧ڡ≦)

第一号は、飫肥名物の卵焼きにしようかな。

張り紙「食べ歩きは準備中です。準備できる時間は不明です。」


ガ━━━━━━━∑(゚□゚*川━━━━━━━━ン!


ん、、、じゃあ、、飫肥名物の飫肥の天ぷらに。。(;゚ ロ゚ )

張り紙「少し外出してます。」


(ρ゚∩゚) グスン


しょうがないので唐揚げを。。

お店の人「5分待って貰って言い?( ̄ー ̄)」
というので、席に座ってると、
お店の人「外で待ってて貰える?( ̄ー ̄)」

むか。

昼時の飲食店だから唐揚げ一本持ち帰りで席に座ってるのは邪魔かもしれないけど、まだ沢山席は空いてるんだし、いっぱいになるまでなら良いと思わない?? いっそのこと唐揚げを受け取らずに帰ってやろうk・・・

お店の人「はい、お待たせ( ̄ー ̄)」

うま。(*´ω`*)

結局、その後天ぷらやさんは戻ってきて飫肥天にはありつけたし、卵焼きも別の店で食べられたんだけど、食べ歩きの運営のテンションと参加店のテンションが凄い違うというか。

本気で何も食べられないんじゃないかと思ったからね。。。

なんだろう。誰も悪気はないんだろうけど、観光客として行くとやや悲しい気持ちになるのでした。

食べ歩きあり/なしで510円の差があって、120円相当のチケットが5枚付いてくるので、本来はややお得・・・なのかも知れないけど、開いてないお店があったり、1人1店に付き1枚という制限があったりするので、無理にがんばって使い切るぐらいなら600円券で良い気がするよね。

因みに戦利品はというと、
f:id:otsukimidrive:20170209210354j:plain
↑しっかりタレで味付けして揚げられた空揚げლ(´ڡ`ლ)

f:id:otsukimidrive:20170209210407j:plain
↑甘めの豆腐ベースの天ぷら(おび天)カモンщ(゚д゚щ)カモーン

f:id:otsukimidrive:20170209210429j:plain
↑厚焼き卵というより、もはや甘いプリン‹‹\(´ω` )/››

f:id:otsukimidrive:20170209210438j:plain
↑そして謎のカップケーキ(´・ω・`)

鵜戸神宮

青い海と青い空を見ながら海沿いを北上し、たどり着きましたるは鵜戸神宮。

ここは神武天皇の叔父君を祀った神社だそう。

前に行った青島神社もそうだったけど、
f:id:otsukimidrive:20170209210452j:plain
↑南国っぽい雰囲気を醸し出してるよね

f:id:otsukimidrive:20170209210503j:plain
↑岩をくり抜いて建てられたような本殿が特徴的

ところで、ここは面白い願掛けがありまして、
f:id:otsukimidrive:20170209210519j:plain
↑100円で運玉なるものを買うと

f:id:otsukimidrive:20170209210528j:plain
↑崖の下にある岩に向かってぽいー

男性は左手で、女性は右手で投げて、輪っかの中に乗せると願いが叶うだとか。

どれほどの願いが聞き届けられなかったかは
f:id:otsukimidrive:20170209210706j:plain
↑おびただしい量のハズレ玉を見ると良いよ(見えないけど)

因みに僕の祈りは叶わないらしい、と思った瞬間、「背中に当たるだけでも願いが叶う」的な看板を見つけて、なんだか励まされた気分になったのでした。

f:id:otsukimidrive:20170209210717j:plain
↑ありがたい飴湯を嗜んだらまたまた北上しましょうね(≧∇≦)b

道の駅 つの

f:id:otsukimidrive:20170209210727j:plain
↑道の駅のご飯は旨い説、破れる

煮魚でパサパサってあり得る?という率直な疑問。

大御神社

元々は行けたら良いなぐらいに思ってたんだけど、フタを開けたら宮崎トップクラスに気に入ったスポット!

神社仏閣って大体午後5時ぐらいには閉まると思うんだけど、4時半に到着というギリギリの旅。でも本当にこれて良かった!是非お勧め!

f:id:otsukimidrive:20170209210737j:plain
↑恭しく鳥居をくぐり

玉砂利が敷かれた境内を突っ切った先には、
f:id:otsukimidrive:20170209210747j:plain
↑ドラゴンボールとさざれ石が!

一応、説明書には龍玉と書かれてるんだけど、おみやげコーナーに「ドラゴンボール」としっかり書かれてたので、割と正式な通称なんでしょう。

因みに、さざれ石は国家「君が代」の歌詞に出てくるヤツですね。

f:id:otsukimidrive:20170209210801j:plain
↑帰り際に本殿にご挨拶

よく見ると、本殿の中で巫女さんが掃除機をかけてる。。。Σ(・口・)

箒とかじゃないんですね。。

因みに、この巫女さんが可愛かったもんで、謎にお守りを買ってしまう。。(ノ≧ڡ≦)テヘペロ

ところで、実は大御神社の見所としてはまだ半分でしてね。

まだまだ終わらんよ。( ・`ω・´)キリッ

境内とは反対側へ歩くこと数分。

f:id:otsukimidrive:20170209210814j:plain
↑段々ごつごつした風景になってきたところで

f:id:otsukimidrive:20170209210826j:plain
↑お目当ての洞窟に到着‹‹\(´ω` )/››

龍宮と言われるその場所は、
f:id:otsukimidrive:20170209210838j:plain
↑洞窟の中に作られた祠でございます

f:id:otsukimidrive:20170209210846j:plain
↑洞窟の中から外を見るだけでも圧巻の光景なんだけど

何故ここが龍宮と呼ばれているかは、所定の位置に立ったときに分かる。

f:id:otsukimidrive:20170209210900j:plain
↑岩と岩の透き間に現れる上り龍!

(;゚Д゚)(゚Д゚;(゚Д゚;)ナ、ナンダッテー!!

「岩の形が何かに見える」系の観光スポットは数多いけど、こういうのは珍しいと思うよね。

景色も凄く綺麗で雰囲気も最高。とっても気に入った場所なのでした。

馬ヶ背

大御神社から岬に向かって走ること数分。そして、そこから歩くこと数分。

f:id:otsukimidrive:20170209210918j:plain
↑岩と海が織りなす自然の芸術!

良い景色なんだけど、見るべきところがここだけなのが少し残念だよね。。

ヘルストピア延岡

f:id:otsukimidrive:20170209210930j:plain
↑おん・せん!(≧∇≦)b

ではなく、健康ランド。

折角九州に居るのに、的な気持ちはあるけど、1日ずっと走り続けた後の風呂は最高なのでした。。

延岡ワシントンホテル

昨日はミスってえらく豪華な宿になっちゃったので、今日は質素にいこうね。

f:id:otsukimidrive:20170209210944j:plain
↑やったね、相棒!屋根があるよ!‹‹\(´ω` )/››

通りからは奥まったところだし、安心して置いておけるよね。

建物はというと、
f:id:otsukimidrive:20170209211011j:plain
↑どの辺がワシントンなのか(よく見えないけど)

ただ、設備と値段考えると、今までで一番丁度良い宿っすねぇ。

f:id:otsukimidrive:20170209211023j:plain
↑部屋はお化けとか出てきそうだけど普通な感じ

近くにコンビニもあるので、色々調達して、
f:id:otsukimidrive:20170209211103j:plain
↑明日の楽しい旅を祈ってかんぱーい!

明日はお待ちかね、阿蘇を目指します(≧∇≦)b

"" ルート

(トータル走行距離:39,418kmぐらい)