読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月を見に行く

18歳の時にバイクの免許を取って、まさかの12年間ペーパーライダー。相棒の赤のCB400SFとエイプくんで年間15,000kmぐらい走ります(≧∇≦)b

九州ソロツーリング[08/10](2017/01/27-02/05)

主要目的地 お尻岩、行者洞穴、平尾台、和布刈神社、コンテナコンビナート
主要道路 国道213号線、福岡県道28号線
期間 2017/02/03(金) 8:00〜22:30頃
走行距離 238kmくらい
高速区間 なし
金額 25,500円くらい
天気 晴れ

おっざっまーす!

爽やかな朝!雲一つ無い快晴ですよ!(๑˃̵ᴗ˂̵)و

ツーリングとしてのフィニッシュを飾るには最高の天気!

そして本日は何と!
f:id:otsukimidrive:20170210172450j:plain
↑朝ご飯つき(*´ω`*)

比較的お手頃価格のプランだったんだけど、朝ご飯付きで、しかも「んまいっ!」

朝ご飯もどきの宿が多い中、ちゃんと真面目に作られている味がするよ。

建物の雰囲気的には失礼ながら病院の施設っぽい感じで、これまた失礼ながら内容には全く期待してなかったんだよね。良い意味で大きく裏切ってくれたのでした。

f:id:otsukimidrive:20170210172504j:plain
↑食後のコーヒーも忘れない

旅はもう少し続くんだけど、ツーリングする日は今日で最後。本日は19時新門司港発、東京行きのフェリーに相棒を乗せないといけないのです。

いくつかスポットを回りつつ、時間が余りすぎず、遅れないように港に着かないといけない。街中だと渋滞もあるだろうから、ルートを考えるのも針の穴に糸を通す慎重さが要求されるよね。

そういう訳でここからは目的地を厳選して行かないといけないよね。どうでも良いところに時間を割いている余裕はないのだ。

お尻岩

とりあえず国東半島を回ってみようと思い、やってきました道の駅「くにさき」。

ここにはなんと!お尻岩なるものがご鎮座されているということで、それは何を置いてもやってこないといけないよね。

f:id:otsukimidrive:20170210172517j:plain
↑道の駅から歩くこと数分

f:id:otsukimidrive:20170210172600j:plain
↑先人たちの足跡を頼りに歩き

f:id:otsukimidrive:20170210172610j:plain
↑ぷりっ!(๑˃̵ᴗ˂̵)و

(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ

すごく、、、お尻です。

あのー、おっぱいは天草の方に落ちてましたよ(´・ω・`)
www.otsukimi-rider.com

道の駅 くにみ

f:id:otsukimidrive:20170210172627j:plain
↑みんな大好き道の駅「くにみ」

ここはたこ飯が有名でマークしてたんだけど、朝ご飯食べ過ぎていたので断念・・・。

ここに来るまでたこ飯の事完全に忘れてますた(´Д` )

f:id:otsukimidrive:20170210172641j:plain
↑ぬ?賽銭箱とな・・・?

因みに、可愛らしげに「くりんっ」となったその足の格好、この形になるのは茹でた後だよ。

良いのかい?

行者洞穴

国東半島の上部、長崎鼻にある祠。

f:id:otsukimidrive:20170210172653j:plain
↑その名も行者洞穴

古くは修行者の修行場だったと言われる場所だそうなんだけど、なかなかに神秘的なスポットだと思うよね。

奥の祠へ続く道は崩落の危険があるために、立ち入り禁止だそうな。

この時は満潮だったのか海水がすぐそこまで来てるけど、干潮だともっとカラッカラのようですよ。

場所が分かりづらいんだけど、海岸沿いに歩いてたら必ず着くんでご安心を(≧ω≦)

平尾台

折角だから福岡もツーリングスポットらしき場所を、と思って探してたら目に留まった場所。

福岡って完全に街のイメージなので、ツーリングスポットがあるイメージがなかったんだけど、しっかり走って楽しい道もある。

f:id:otsukimidrive:20170210172706j:plain
↑みんな大好き平尾台!‹‹\(´ω` )/››

町から数十分という近さにありながら、本格的なカルスト台の峠道を楽しめる所。

距離が短いという点と、道路にスピード出し過ぎ防止の段差があるのが難点だけど、気軽に行ける点を考えると是非ともルートに組み込みたい道。

鍾乳洞なんかもあるみたいなので、時間がある人は行ってみるのも良いかもですよ!(≧∇≦)b

4万キロ記念

念願の、
f:id:otsukimidrive:20170210172716j:plain
↑4万キロ!

ウェ━ヽ(*´∇`)人(´∇`*)━イ

おめでとう!

おめでとう!

ありがとう!

半年前に北海道で3万キロ達成して、今回九州の地で4万キロ達成!

感慨深いよね(๑˃̵ᴗ˂̵)و

めかり公園

そろそろ旅も大詰め。

福岡の門司と山口県の下関の間に広がる関門海峡と、そこに掛かった関門橋が一望出来るめかり公園を目指そうね。

f:id:otsukimidrive:20170210172737j:plain
↑ででんっ!

関門海峡は九州と本州を隔てる海なので結構広いイメージを持っている人は居ると思うんだけど、知らなければ川だと思ってしまうぐらいの幅でございますよ!

因みにここは有名な壇ノ浦の源平合戦が行われた舞台でもあり、壁画があるというからテンションあげぽよで来てみたんだけど、
f:id:otsukimidrive:20170210172748j:plain
↑最近作ったやつかーい!(゚Д゚;ノ)ノ

ほいで、橋から少し左手に目をやると、
f:id:otsukimidrive:20170210172759j:plain
↑写真奥に見えますはあの巌流島!

剣豪宮本武蔵と佐々木小次郎が決闘をした島!

1度で3度美味しいスポットなのでした(*´ω`*)

ただ、この公園は車の通りは一方通行なので、やや分かりづらく、一番手前の駐車場から第二展望台までがんばって歩いてしまったんだけど、だいたいの場所は車で行けると思うのでいく場合はご注意おば。

めかり神社

めかり公園の目と鼻の先。

九州最北端の神社であり、なんと1,800年前、西暦200年頃からあるとか(;゚ ロ゚ )

f:id:otsukimidrive:20170210172815j:plain
↑そんなありがたい神社にお参り

無事に帰れますように(なもなも

そして、ここめかり神社からも関門橋はバッチリ見えまして、
f:id:otsukimidrive:20170210172824j:plain
↑海へ続く階段を少し降りると

f:id:otsukimidrive:20170210172843j:plain
↑この迫力!

旅も終わりなので、
f:id:otsukimidrive:20170210172855j:plain
↑記念撮影しましょうね(≧∇≦)b

九州最北端の地

ところで、九州最北端の地ってどこかご存じでしょーか?

僕の今回の旅は本土最南端の地である佐多岬から始まって、全て下道で北上してきました。

その旅のゴールとして、九州最北端の地こそふさわしいよね!

九州最北端の地、それは、
f:id:otsukimidrive:20170210172907j:plain
↑太刀浦のコンテナコンビナート!ウェ━ヽ(*´∇`)人(´∇`*)━イ

・・・
・・・・・・
( ̄∇ ̄)ノ" ナンデヤネン!

もうね、多くのバイク乗りが泣いたであろう九州最北端。埋め立て地である上、石碑も無ければ、そもそも立ち入り禁止

f:id:otsukimidrive:20170210172919p:plain
↑行けるところまで北上してみた図

でも海すら見えないのだよ。

だが、しかし!( -`ω´- )キリ

そんなこともあろうかと、
f:id:otsukimidrive:20170210172935j:plain
↑めかり神社のあたりから写真を撮っておきましたよ

f:id:otsukimidrive:20170210173006p:plain
↑バッチリ先っちょが写ってるよね!

やや締まりが無いものの、最南端から始まった旅は、最北端のこの地でゴール!‹‹\(´ω` )/››

東九オーシャンフェリー新門司港

f:id:otsukimidrive:20170210173029j:plain
↑とうちゃーく!

今回、相棒(CB400SF)だけ船に乗せて、僕は飛行機で帰って東京で迎えにいく作戦。

なので、持って来ていたリュックに必要な荷物を抜き出しておこうね。

万一貴重品とか忘れると詰んでしまう可能性があるので注意。

財布と携帯がフェリーで相棒と共に出港してしまうなんて、想像するだけで恐ろしい。

因みに、東九オーシャンフェリーは現在、無人での輸送は出来るものの、バイクは自分で積み降ろしをしないといけないらしく、乗船する時刻まで待機するのはもちろん、東京に到着する時刻(今回だと6:20)までに有明港についてないといけないのです。

どの港も駅からは離れてるし、朝早いのでなかなか使いづらいけど、そこさえクリア出来れば、格安航空券使って飛行機で帰ることで、宿代とか含めてもさして変わらない金額で丸一日遊ぶ時間が増えるというメリットが得られますよ!

荷物はバイクに積んでおけるということなので、バッグ類はそのまま。

ただ、ヘルメットはひっかけておくのも怖いので、
f:id:otsukimidrive:20170210173057j:plain
↑空いたバッグにこの通り。

ジャケットとかもネットで縛って、
f:id:otsukimidrive:20170210173107j:plain
↑完成!(≧∇≦)b

f:id:otsukimidrive:20170210173119j:plain
↑相棒が乗る船は我が地元の名を冠する船「徳島 びざん」

乗船時刻になって、タラップから乗船。

f:id:otsukimidrive:20170210173216j:plain
↑相棒との暫しお別れ。ちゃんと迎えに行くからね!

新門司港〜博多へ

新門司港からは移動手段が無いので、タクシーに迎えに来てもらって門司駅へ。

f:id:otsukimidrive:20170210173234j:plain
↑到着!

f:id:otsukimidrive:20170210173244j:plain
↑鹿児島本線に乗るよ

今までの旅の事を思い出しながら、1時間半ぶらり電車の旅!

博多ニューポートホテル

f:id:otsukimidrive:20170210173301j:plain
↑でん!

もう屋根のあるところにバイクを止められるかとか、色々気にする必要が無いのでどこでもようござんす。(しつれい)

f:id:otsukimidrive:20170210173311j:plain
↑必要十分なお部屋

リーズナブルなお値段で、屋台へのアクセスも良いからね。

チェックインして荷物をおいたら、いざ屋台へ!(๑˃̵ᴗ˂̵)و

中州屋台 白ちゃん

f:id:otsukimidrive:20170210173329j:plain
↑ここに決めた!

屋台はご存じの通り、観光客で常に賑わってるので、狙った店に入るというより、空いてる店から選ぶ感じがスムーズ。

f:id:otsukimidrive:20170210173339j:plain
↑まずはおビールを嗜みつつ

f:id:otsukimidrive:20170210173349j:plain
↑屋台おでん!(*´ω`*)

f:id:otsukimidrive:20170210173358j:plain
↑あぶり明太!( -`ω´- )ウム

f:id:otsukimidrive:20170210173409j:plain
↑芋焼酎に切り替え

f:id:otsukimidrive:20170210173439j:plain
↑焼き物!‹‹\(´ω` )/››

f:id:otsukimidrive:20170210173451j:plain
↑シメのラーメン!ლ(´ڡ`ლ)

屋台みたいなカウンターで飲むところだと、大体話し相手が釣れるものだけど、屋台のバイトのおじさんのまさかの座席の采配も相まって誰も釣れず。

やや飲み足りないので、宿に帰って
f:id:otsukimidrive:20170210173502j:plain
↑飲むのです(´・ω・`)

明日はお土産を買いつつ福岡空港を目指します!

ルート

(トータル走行距離:40,043kmぐらい)※祝40,000km超え