読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月を見に行く

18歳の時にバイクの免許を取って、まさかの12年間ペーパーライダー。相棒の赤のCB400SFとエイプくんで年間15,000kmぐらい走ります(≧∇≦)b

大型二輪の一発試験を目指してみる(第5話)

f:id:otsukimidrive:20141120231017p:plain

  1. まずは何も考えずに走る順序だけスッとイメージ出来るようにして
  2. それにウィンカー出すタイミングを加えて
  3. 細かい法規走行のイメージを加える

前回、↑こんな感じで進めて行こうと決めた訳だけど、1はOK、完璧に覚えた。府中に一度も行かずに、映像付きで脳内再生されるようになったのだ。2と3は感覚的には6割ってところ。まー、もちろん、プレッシャーが掛かると頭からコースが吹っ飛ぶ事はあるかも知れないけど、府中に行かずに出来る事はこんくらいでしょう。

ところで、ウィンカー出すタイミングも含めて、法規走行についてはネット上で色々と「こうしたら良いよ」的な情報があったりするから助かるんだけど、1度教本的なものと照らしあわせて自分で確認した方が良いかなと思うのだ。

何故かと言うと、記事を書いた人はそれで受かったんだろうけど、70点だったかも知れない訳で、それを目指して練習してると100%思い通りにいっても70点。ちょっとミスすると不合格というなんとも寂しい事になってしまうよねー。

さて、法規走行もイメージ出来るようになったらいよいよコースを走ろうと思うんだけど、何はともあれまずは下見に行くよ(≧▽≦)

f:id:otsukimidrive:20141220095955j:plain
↑府中運転免許試験場の駐車場に到着!

まあ、正直迷いまくったよね。

一回は試験場に気づかずに通り過ぎ、Uターンして戻ってくるも二輪の駐車場の場所に気づかずに通り過ぎ、3回目にしてやっと駐車場に到着。初見だと難しい気がするので、地図にしておくのだ。

■地図

東から来た場合、中央分離帯の反対側になるのでUターンが必要。ただ、試験場を通りすぎようとする交差点でUターンが出来るのであんまり心配要らない。

Uターンすると駐車場っぽい看板が出てるんだけど、1つ目は車専用で、2つ目に「二輪」とか「自転車」とか書いてる入り口があるのでそこに入ればOK。関係者以外立入禁止みたいな看板もあって一瞬ビックリしたけど、係の人が「あっちね」と指さしてくれたので入り口に入ってしまえば迷うことは無いのだ。

写真を見ると分かる通り、平日ということもあってか駐車場は割と空きがあるので停めるところに困ることは無い気がする。休日はどうか知らないけど、試験を受ける時は平日だしね。

ところで、折角なんでコース図を入手しようかと売店に行ってみた。今更コース図が要るかというと要らないんだけど、雰囲気出るかな〜と思ったのだ。

「コース図くださいなー (๑˃̵ᴗ˂̵)و 」
「置いてないですねぇ。前はあったみたいですけどね。前って言っても随分前ですよ。」

(lll ̄□ ̄)ソウナノ?

次は実際のコースで練習だなー。